世界への扉 - 田才諒哉のブログ

国際協力の仕事をしています。砂漠とイスラム教の国、スーダンからお届け。

2018年は「ひきこもり」ます。

あけましておめでとうございます!田才諒哉(@ryoryoryoooooya)です。

北アフリカに位置するスーダン共和国にて、NGO職員として活動しています。

 

年越しはモロッコサハラ砂漠で迎えました。

スーダンでも毎日のように砂漠を見ていましたが、砂感が違ったり、人々の暮らしが違ったり、「砂漠」をひとくくりにできない感性が身についたことが2017年の収穫だったかもしれません。

 

さて、2017年は大きな変化、新しいチャレンジの多い激動の1年でした。

 

やっぱり一番はスーダンに移り、NGO職員としての生活をスタートしたことでしょうか。

www.ryoyatasai.com

 

ずっとサポート側だったクラウドファンディングにも実行者として初めて挑戦。最終的に722万円を超えるご寄付をいただきましたが(改めまして、ありがとうございました!)、本当に大変だったのでもうやりたくないかな。笑

f:id:ryoya_tasai:20180103235823p:plain

 

このブログを始めたのも2017年5月。これまでに33本の記事を書きました。

 

そして、2018年はこんなことを考えています。

 

パラグアイにはだいぶ行く行く詐欺をしている気がするので、今年こそは!

Readyfor VOYAGEについてはついに第5期を迎えるのですが、まだまだやりたいことがたくさん。でもちょっと自分の力だけでは限界がきているので、ぜひ一緒に「国際協力のお金の流れを変える」ことに取り組んでいただける方がほしいです。もしいたら、さらっとご連絡ください。

 

スーダンに来て、自分の力のなさを毎日のように痛いほど感じました。

スーダンで働く国連職員やNGOのプロの方たちと接し、たくさん刺激も受けました。

一歩ずつ「国際協力を仕事にする」ということに近づいているはずなのに、進めば進むほど、壁はどんどん高く感じるのです。

f:id:ryoya_tasai:20180103233907j:plain

 

まだまだ自分は、知識も経験も想いも、土台がしっかりできてなく、ぐらぐらなんだなあ、って。

 

だから、2018年は「一歩一歩、丁寧に生きる」ことを目標に、意識的に「ひきこもる」年にしようと思います。

2019年以降の飛躍のために、今年は基礎をかためます。

f:id:ryoya_tasai:20180103233723j:plain

 

でも、たまには自分らしく、ゆるーく、自由にやりたいなとも思ってます。

ロッコにたくさんいた猫を見て、そんな風に思いました。

f:id:ryoya_tasai:20180103234247j:plain

 

それでは、みなさん今年もどうぞよろしくお願いいたします!

チャオ!