世界への扉 - 田才諒哉のブログ

国際協力の仕事をしています。アフリカや南米など、世界を好きになる情報を発信していきます。

【スポンサーリンク】

メキシコシティ国際空港から市内までのアクセス方法(地下鉄、タクシー)【Wi-Fi、カフェ情報も】

こんにちは!田才諒哉(@ryoryoryoooooya)です。

メキシコに来ています。今回は、メキシコシティベニート・フアレス国際空港から市内までのアクセス方法についてご紹介いたします。

 

f:id:ryoya_tasai:20180507102623j:plain

 

タクシーが一番安全

結論、タクシーを利用して市内まで出るのが一番安全です。

地下鉄やバスといった手段もありますが、荷物が多い場合は、車内でスリなどに狙われる危険も高まりますので、旅の安全はお金で買うべきだと思います。

 

ソカロ広場周辺市街地までは、およそ200ペソ(約1,140円)で行くことができます。

荷物をホテルに置いてしまえば、メキシコシティ内の移動は基本地下鉄が便利です。

地下鉄はどこからどこまで行っても一律5ペソ(約28.5円)なので、かなり安く移動することができます。

 

以上を踏まえても、最初の移動くらいはケチらずにタクシーを使うことをオススメします!

 

地下鉄を使う手もあり

前述の通り、地下鉄は一律5ペソ(約28.5円)なので、地下鉄を使って市内まで出るのも手です。

朝や夕方のラッシュ時間を避けることができれば、地下鉄もそんなに混んでいないので、スリなどに遭うリスクも減るでしょう。

 

また、「トランジットでメキシコシティを少しだけ観光したい!」という場合には、メキシコシティベニート・フアレス国際空港内に荷物を預けられるロッカーがありますので、このロッカーに荷物を預けて、地下鉄で市内に出て、地下鉄で空港に戻ってくるのが良いかと思います。

手荷物預かりサービスの料金は、24時間で150ペソ(約855円)でした。

 

ちなみにトランジットであれば、コロナの生ビールが1杯約200円ほどで飲めてしまう「サロン・コロナ」に行くことをオススメします!

市内の中心でもあるソカロ広場から徒歩ですぐに到着します。

このあたりは人通りも多いので、治安も比較的安全です。

 

Wi-Fiやカフェ情報

メキシコシティベニート・フアレス国際空港は中米のハブ空港として機能しており、24時間あいています。

Wi-Fiもターミナル2では快適に使うことができました(ターミナル1は不明です。すみません…!)。

また、スターバックスなどのカフェもあります。

 

夜中にメキシコシティに到着する場合もあると思いますが、個人的にはこの空港なら朝まで過ごせるレベルだと思います。

 

 

以上、少しでも参考になれば幸いです!

それでは!チャオ!