世界への扉 - 田才諒哉のブログ

国際協力の仕事をしています。アフリカや南米など、世界を好きになる情報を発信していきます。

【スポンサーリンク】

polca(ポルカ)の使い方とクラウドファンディングとの違い、支援の集め方を解説!

こんにちは!田才諒哉(@ryoryoryoooooya)です。

先日、CAMPFIRE社が運営する「polca(ポルカ)」をはじめて使ってみました。

 

polcaは今話題のクラウドファンディングではなく、「フレンドファンディング」アプリといわれています。

今回は、クラウドファンディングとフレンドファンディングの違い、そして実際に僕が使って感じたpolcaを使うメリットと、支援を集める際に気をつけるべきポイントについてお話したいと思います。

f:id:ryoya_tasai:20180419140434p:plain

 

polca(ポルカ)とは?

polcaは、クラウドファンディングサービスを運営するCAMPFIRE社によって作られたアプリで、polcaのホームページ上では以下のように説明されています。

やりたい事を思いついたら、企画をたて、必要な金額を友だち同士で集めることができます。

ものすっごく簡単に説明すると、クラウドファンディングのミニ版」と考えてもらっていいと思います。

 

polcaとクラウドファンディングの違い

では、polcaとクラウドファンディングの違いは何なのでしょうか?

大きく、以下の点が特筆すべきことかと思います。

 

polcaで支援を集める方法

前述のpolcaの特徴に加えて、注意しておきたいポイントは、立ち上げたプロジェクトは自分自身でLINEやSNS等で拡散していかないと、プロジェクトを見てもらえないということです。 

クラウドファンディングの場合は、プロジェクトを立ち上げると、クラウドファンディング会社のサイト上にも掲載されたり、場合によってはその会社のSNSメールマガジン等でも発信される可能性があります。

しかし、polcaの場合は、立ち上げても何もしなければ、支援が集まることはありません。

 

逆にいうと、拡散を限定的にすれば、クローズドなコミュニティ内だけに周知され、その中だけでお金を集めることもできます。「××さんの送別会の費用を集めたい!」「たこ焼きバーティーの会費を事前に回収します!」なんてことも可能なわけです。

 

まとめると、polcaで支援を募る場合は、自分自身でどのツールを使って発信するのかを考えた上で、プロジェクトを始めましょう。

 

個人的には、社会性・公共性・多くの人のニーズに応えるプロジェクトでなく、かつ10万円以下の支援で十分という場合にはpolca、そうでない場合はクラウドファンディングというような使い分けが良いのではないかと思います。

 

実際にpolcaを使ってみました!

実際に僕もpolcaを使ってプロジェクトを立ち上げてみました。

具体的には、こんな感じです。

  1. プロジェクト内容を書いて、公開!(所要時間:5分くらい)
  2. SNSで拡散(所要時間:15分くらい)
  3. 睡眠(夜に立ち上げたので、拡散したあとはおやすみなさい)
  4. 朝起きると2万円以上の支援が!

 

■ 挑戦中のプロジェクトです!

バンコクで行われる国際ファンドレイジング会議(IFC ASIA 2018)に参加し、世界中のファンドレイザーから最先端のファンドレイジングを学びたい! - polca(ポルカ)

 

また、プロジェクトに挑戦するだけでなく、polcaを使っている知人のプロジェクトも応援しています。最近応援したプロジェクトは、元青年海外協力隊タケダノリヒロさんのプロジェクト。

【結婚記念!式を挙げて、夫婦でアフリカへ旅立ちたい!】 4月入籍、8月挙式予定です。式が終わり次第、アフリカのルワンダに行き、現地で起業します。 「結婚式はいらないかな」と思っていましたが、「式を挙げて、きちんと親に感謝を伝えたい」という彼女の言葉が決め手となり挙式することに。しかしゲストに喜んでもらえる式場・内容にしようとすると、300万円程かかってしまいます。 晴れの日なので気前よく払いたいのですが、ルワンダへの渡航費(ふたりで片道約20万円)や新生活コストを考えると後ろ髪を引かれる、というのが正直なところ。 ポルカを通じて「お祝い金」を頂くことでお金の不安を軽減して、ルワンダでの新たなステップを夫婦で踏み出したいと思っています。 詳細 http://xn--rck1ae0dua7lwa.com/blog/blog/2018/04/16/polca-2/ - polca(ポルカ)

 

で、ここからが僕がpolcaの良さについて、もっとも強調したいところ。

タケダさんから僕のプロジェクトを応援していただき、そして僕もタケダさんのプロジェクトを応援する。つまり、お金の動きは実質ゼロなんです。

 

でも、僕はそれでもお金を循環させていくことに、意味があると思っています。

お金の循環は人を幸せにすることができるし、お金って無機質なものでなくて、想いが乗れば温かみのある素晴らしいものだってことを、polcaが教えてくれる気がします。

 

 

 

 

実際にpolcaを使い、そしていくつかのプロジェクトを応援してみて、今まで以上に「お金」というものに対する考え方が変わったような気がします。

 

何かはじめてみたいことがある、みなさん!

ぜひフレンドファンディングアプリ「polca」で最初の一歩を踏み出してみませんか?