世界への扉 - 田才諒哉のブログ

国際協力の仕事をしています。砂漠とイスラム教の国、スーダンからお届け。

旅行者要注意!南米ペルーの人気観光地・世界遺産マチュピチュが入場制限を開始

こんにちは!田才諒哉(@ryoryoryoooooya)です。
北アフリカに位置するスーダン共和国にて、NGO職員として活動しています。

 

今回は僕が大好きな国の一つでもある、ペルーの世界遺産マチュピチュ」のニュースを取り上げたいと思います。

 

世界遺産マチュピチュが入場制限を開始

ペルーには過去に2回訪れていて、その際にマチュピチュにも行ったのですが、どうやら2017年7月よりマチュピチュに入場制限が設けられたようです。

rpp.pe

 

要点だけまとめると、旅行者はガイドなしではマチュピチュへの入場ができず、最長滞在時間も4時間までとのこと。ちなみにこの記事を書いている2017年7月13日には、ストライキマチュピチュまでの鉄道列車が終日運行中止との情報も。もしマチュピチュへの旅行を控えている方がこの記事を読まれていましたら、こうしたストライキなどの可能性も十分考えられますので、現地の最新情報のチェックを忘れずに!

 

ガイドがいないからこそ自由にマチュピチュをまわり、のんびりできたと思うので、ちょっと残念なニュースです。他の観光地もどんどん制限がついていくのでしょうか。ますます行きたい場所へは早く行かねば・・・と思っちゃいますね。

f:id:ryoya_tasai:20170714004231j:plain

photo by Ryoya Tasai

 

それでもクスコは街並みが美しいので、超オススメ!

ペルーはまた絶対に行きたい国の一つです。特にクスコの街並みが素敵すぎて、ひたすらコーヒーやお酒を飲みながらテラス席でぼーっとしてられます。

f:id:ryoya_tasai:20170714002224j:plain

さすが世界遺産の都市だけあって、ゴミも一切なく、美しい。清掃員の人が常にいて、徹底されているんだなあ、と思った記憶があります。

 

ちなみにクスコで泊まるなら「ココペリ」がオススメです。2回ともここに泊まっていますが、Wi-Fiサクサク、バックパッカーいっぱい、おしゃれなバーがついていてビリヤードし放題。雰囲気も良し。

f:id:ryoya_tasai:20170714002358j:plain

どうでもいいお話。ザンビアでもパラグアイでもそうだったけど、途上国の田舎でビリヤード台を見ること多い気がする(超個人的意見)。

 

ココペリのホームページはこちら。

Welcome to Kokopelli Cusco | Kokopelli Hostels

f:id:ryoya_tasai:20170714001515p:plain

 

ペルーの思い出はたくさんあるので、また書きたいなと思います。特に2回目は、現地でコーヒー豆やカカオ農園をやられている方の家にお邪魔させていただいたり、モルモットの丸焼きを食べたり、超ディープなペルーが見れたので。またいつか。

 

それでは!チャオ!